境内の施設

本 堂

 2010年5月に多くの檀信従の喜捨により、新本堂が建立されました。

resize0563
新座蓮光寺716

樽茶室

昭和56年頃、市内栗原に住む近藤氏から譲り受けたもので、茶室として活用しています。

新座蓮光寺711
この茶室は、もともと練馬大根の漬物樽として使われていたものを近藤さんが改造し、自宅の庭においていたものです。

新座蓮光寺0525
 

山 門

山門は、当山の建造物の中で最も古く、ほぼ江戸時代の姿で保存されています。(銅板葺屋根は後補)
山門の真下から上を覗くと、「バイ」という梵字が彫刻されているのが見えます。これは、種字(しゅじ)といって仏さまを表す文字で、当山の本尊である薬師如来を示しています。

resize0561
 

新座蓮光寺0569

蓮 池

蓮光寺には、境内の中に多くの花が植えられています。
春先にはこの蓮池にも「蓮」が水面に咲き、訪れる人を楽しませてくれます。

resize0797
新座蓮光寺805
新座蓮光寺0800
 

客 殿

平成9年に、開基600年記念事業として多くの檀信徒の喜捨により建築されました。

寺の行事やご法事の際にご利用頂いているほか、ローフードのセミナーやフルーツ酵素のセミナーの会場としても活用していただいています。

新座蓮光寺22
新座蓮光寺0620
新座蓮光寺0492
resize0495
新座蓮光寺0493

聖天堂

聖天堂は平成10年12月に竣工した多目的ホールです。鉄骨2階建で、1階はホール、2階は和室となっています。

新座蓮光寺0533
新座蓮光寺0795
檀信徒の皆様に葬儀等でご利用頂いているほか、お茶会会場としても活用しています。

和室4(21畳、18畳、10畳×2)、仏間1、住職室1、寺務所、台所2、トイレ2